CLUB

クラブ

「大空」と「大地」の名のもとに

この度「十勝FC」は「北海道十勝スカイアース」として、スポーツスクール運営で国内最大手であるリーフラス株式会社と運営契約を結び、同社の資金や人脈などを活用して、JFL昇格、Jリーグ参入を目指す運びとなりました。2017年9月に北海道十勝スカイアーススポーツ株式会社を設立、既に十勝帯広市内中心に事務所を置き、Jリーグ参入に向けまして、監督・選手補強など本格的な改革を進めて参ります。またJFL昇格や、その後のJリーグ参入を見込み、Jリーグの規定に合う競技場整備など行政とも連携して環境を整え、地域全体で発展して行く事が必要不可欠になると考えています。単なるJリーグ入りを目指すサッカークラブとしてではなく、日本一の地域総合型スポーツクラブとして各種スポーツの普及・育成&老若男女が常にスポーツを通して健康健全に生活して行けるスポーツクラブとして環境整備に尽力して参りたいと思います。代表にはJリーグ発足時にヴェルディ黄金期のキーパーとして大活躍した元Jリーガーの藤川孝幸氏、またチームのスーパーバイザーとして元サッカー日本代表FWの城彰二氏が就任しております。5~8年後をめどにJリーグJ3を目指し、北海道で生まれて帯広の地域リーグから築き上げてきた、北海道初の生粋の北海道プロサッカーチーム誕生を視野に入れ始動した「北海道十勝スカイアース」、十勝のシンボルでもある酪農と農園のスポーツを融合させて、地域の皆様に愛されるチームとなるべく精進する次第ですので、今後の活躍に是非、ご期待下さい。皆様のご支援・ご協力・ご声援の程、何卒宜しくお願い致します。

北海道十勝スカイアース
十勝の風景写真
北海道地図

北海道十勝とは

「十勝晴れ」と呼ばれる澄んだ青空と、どこまでも続く遥かな大地。豊かな自然に恵まれた北海道十勝地方は、小麦やじゃがいも、小豆やスイートコーン、牛乳、牛肉、豚肉など数々の農産物を生産する日本一の農業王国です。そんな農業地域にありながら、私たちが拠点を構える十勝の中心帯広市は、人口16万人を超える北海道有数の地方都市であり、都市と農村が調和した魅力的な生活環境を持つ街でもあります。私たち北海道十勝スカイアースは、スポーツの分野からこの十勝の地に新たな価値を創造し、農業・食産業とともに手を取り合って十勝を盛り上げるべく活動してまいります。

チームマスコット

北海道十勝スカイアース マスコット

北海道十勝帯広市の鳥「ひばり」がモチーフ。スピードと機動力を備えた翼と、勝利を信じるピュアな瞳。十勝晴れの空に届くほど高く舞い上がるひばりのように、Jリーグ参入へ上昇してゆくクラブの躍進を象徴するマスコットです。

代表挨拶

藤川孝幸

北海道十勝スカイアーススポーツ株式会社 代表取締役社長
元ヴェルディ川崎GK

藤川 孝幸

北海道十勝スカイアースは北海道十勝で生まれ育った生粋の道産子チームであり、十勝は札幌に次ぐサッカー人口の多い街で、芝生のサッカー場も数多くあり、欧州に近い最高の環境が整っている他、酪農と農園とスポーツ融合させた日本一の地域総合スポーツクラブタウンとして地域創生、地域活性化を図るには最高の環境であります。中学生世代の全国大会U-15日本クラブ選手権の開催もされている等、サッカーを発展させる潜在的土壌も整っています。北海道十勝で地域に愛される地域総合スポーツクラブとして必ずこのチームJリーグ参入まで持って行きたいと考えています。北海道十勝の酪農と農園の大自然に囲まれた、大空と大地(スカイ・アース)を誇りに戦って行きます。

城 彰二

北海道十勝スカイアース スーパーバイザー
元サッカー日本代表FW

城 彰二

北海道は自分が生まれ育ち、サッカーの基礎を身に付けた思い入れのある地です。実は札幌で現役引退したかったほど、北海道のクラブに関わるのが夢でした。Jを目指すためには改革が必要、自分の経験を生かし、名前だけの関わりではなく、現場の基盤づくりの他、広報活動などでいろいろな人との交流を深め、みんなから愛されるチームにしたいです。そしていつか、このチームの監督になって、Jリーグで優勝できたら幸せです!

クラブ概要

社名 北海道十勝スカイアーススポーツ株式会社
沿革
1995年
旧スモカバスコを母体にルードボーイズ創立。
帯広社会人サッカーリーグ4部からスタート、4部優勝。3部へ昇格
1996年
同リーグ3部優勝。2部へ昇格
1997年
同リーグ2部優勝。1部へ昇格
2002年
道東リーグ発足。帯広地区リーグ1部3位ながら当時同地区リーグ2位のクラブが道東リーグ参加を辞退したため繰上げで道東ブロックリーグ(都道府県リーグ相当)に参入
2005年
道東リーグ優勝。ブロックリーグ決勝大会 優勝 北海道サッカーリーグ昇格
2006年
北海道リーグ初参戦に伴いチーム名をとかちフェアスカイFCへ改称。
北海道社会人リーグ最終節で残留を決める。
2007年
チームスポンサーにジェネシスがついたことに伴いチーム名をとかちフェアスカイ・ジェネシスへ改称。道東ブロックリーグ降格。
2008年
道東リーグ優勝。しかしブロックリーグ決勝大会で最下位
2009年
全国社会人サッカー選手権大会北海道予選で3位入賞し、全国社会人サッカー選手権大会に初めて出場。
2010年
チーム名を十勝フェアスカイ・ジェネシスへ改称。
全道ブロック大会で1位となり、北海道サッカーリーグ昇格。
2014年
このシーズンより十勝フェアスカイFCに改称。
北海道リーグで初優勝し地域決勝大会に出場する。地域決勝ではFCガンジュ岩手、浦安SC、FC大阪に敗れ、一次ラウンド敗退。北海道代表チームとして「2014年長崎国体」に出場を決めた。十勝のチームが国体に進むのは史上初。
2016年
運営団体となる一般社団法人 十勝フェアスカイ北海道スポーツクラブを設立。
2017年
運営団体が解散。それに伴い、十勝FCへ改称。
5月に子供向けスポーツスクール国内最大手のリーフラスとの運営契約締結を発表。行政や地域の支援体制の構築を図り、JFL昇格やJリーグの参入の要件を満たす環境整備なども進めていく予定。代表に元ヴェルディ川崎のGKで、リーフラス株式会社常務取締役の藤川孝幸、スーパーバイザーに元日本代表FWの城彰二が就任。9月には北海道代表としての国体出場、3年ぶり二度目の北海道リーグ優勝、および全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017への出場権を獲得。しかしCグループで、テゲバジャーロ宮崎、FC刈谷に相次いで敗れ、最終戦を待たずにグループリーグ敗退が決まった。
2018年
チーム名を十勝スカイアースへ改称。
代表 代表取締役社長 藤川 孝幸
役員 取締役 小池 一弘
取締役 昆 享康
取締役 金澤 宗一郎(帯広JC理事長)
スーパーバイザー 城 彰二
所在地 〒080-0013 帯広市西3条南9丁目2番地 セントラル十勝ビル1F
TEL:0155-66-7361 
FAX:0155-66-7362
設立 2017年11月28日
資本金 1,000万円
ホームタウン 北海道帯広市を中心とする十勝地域
企業理念
  • 十勝の地を生かした『農園と酪農とスポーツの融合』した日本一の地域総合スポーツクラブへの実現。
  • 十勝のスポーツを通した、青少年健全育成・共生社会・健康長寿社会の実現。
  • 十勝経済・地域活性化への貢献。
  • スポーツで人生を健康で生き生きとしたものにする社会貢献活動。
  • 障害スポーツの振興・スポーツの成長産業化への取り組みと実現。
  • 農園・酪農・食・大自然・スポーツ。世界に誇れる全てを兼ね備えている十勝の名を世界へ。
  • 地域密着に徹底した活動を継続して行い、十勝に幸せと喜びと笑顔と感動と希望と勇気を与える活動に邁進する。
ホームスタジアム 帯広の森球技場・幕別町陸上競技場